LIFE CEBUの朝食が毎日同じことに驚いた

留学エージェントのホームページをみると、それぞれの語学学校の良さは、そのホームページの内容から理解できます。でも、本当に知りたいのは、その一つ一つの語学学校の欠点です。

良い点を並べられても、なかなか一つの語学学校に絞ることは難しいですが、それぞれの語学学校の欠点を並べてくれると、自分の行きたい学校が決まりやすいのではないでしょうか。

わたし自身、学生数の多い語学学校に行くのは、これが初めてなので他の大規模な語学学校も同じかもしれませんが、朝食が毎日同じなのには驚きました。毎日食事が同じということは、いろいろな種類の食べ物が並んでいて、好きなものを選べるのかと言えば、そんなことはありません。朝食で食べられる食事はとてもシンプルで、ご飯もしくはパン、キュウリにトマト、それにレタスにキムチ、卵あとは雑炊みたいなご飯、飲み物にマンゴージュースがあるだけです。

これが毎日、毎日繰り返しでてきます。先生たちの中にも冗談でLIFECEBUの朝食についてterribleと冗談で言っている人もいます。

大規模な語学学校なら、どこも朝食は同じなのかどうなのか、これから調べていきたいと思います。でも、やっぱり学生側からいうと、毎日同じ食事はちょっとterribleですね。

大きい語学学校には大きい語学学校の良さがありますが、生徒一人一人にきめ細かなサービスを提供するのは難しいですね。毎日、100人以上の朝食を作るわけです。朝食から毎日違うものを作るのも大変だというスタッフ側の気持ちもよくわかります。

これがLIFECEBUの朝食です。


キュウリは日本のキュウリより大きめです。食べた時の感触は日本のきゅうりのようなシャキッという爽快な音はしません。成長しすぎたキュウリを食べているようなイメージです。雑炊は味付けはいいと思います。ただ、少し塩加減が多いです。レタスは日本のレタスとおなじです。トマトは甘味が少なく、中が詰まっていないトマトという感じです。

※げんざい、フィリンターという割と大きめの語学学校に行っています。この語学学校も同じように朝食が同じでした。どうも、大規模の学校になると、朝食のメニューは同じようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ