BECI(バギオ)とCIP(クラーク)に行った留学生の体験談

20代の男性にインタビューしました。このあとは日本に戻らずシンガポールに行かれました。


英語を勉強する目的・動機について教えてください
この世の中、今、英語を話せないと、何をするにしても不便だと思います。あと、海外の人とコミュニケイションをとるときは絶対に英語が必要です。自分が今、スキルと呼ばれるものを何ももっていません。例えば、建築士1級持ってます。公認会計士の資格を持っています、というようなものがなくて、本当に車の運転免許証しか持っていません。

あと、英語を勉強するきっかけになったのは彼女です。彼女がオーストラリアで10ヶ月勉強していたので、英語を話せます。彼女がきっかけと自分が何か一つスキルを身につけたい、これが私が英語を勉強するきっかけになりました。


フィリピン留学と言えばセブ島、マニラ、クラーク、バギオなどいろいろな地域があると思いますがクラークを選んだ理由を教えてください。
クラークは空港があるので利便性がとてもいいです。いちいちマニラにいかなくても、クラークからいろいろなアジアの国に直接行くことができます。私自身、これから他の国に行く予定があるので、クラーク空港があるのはすごく便利です。

あとはCIPにはネイティブの先生がいます。前の語学学校はネイティブの先生がいなかったです。CIPではプラス料金を払わなくても、基本料金だけでネイティブティーチャーによるグループレッスンを受けることができます。もし、追加料金を払えば、ネイティブティーチャーによるマンツーマンのレッスンも受けることができます。


実際にネイティブの先生の授業を受けてみて、フィリピンの先生と違う魅力はありますか
まず、彼らに僕の話している英語が伝わらないと、どこに行っても、その英語は伝わらないと思います。フィリピン人の英語はアジア英語です。同じアジアの人間が使う英語で発音もネイティブとは違います。その点で、僕の話している英語は伝わり易いと思います。お互いになまっているじゃないですか。でも、アジア人同士、そのなまった英語が伝わるんですよ。でも、ネイティブの人が、聞きにくそうにしているときがあります。ネイティブの先生が僕のわかりにくい発音をなおしてくれると、ネイティブの発音が一番正しいと分かっているんで、発音の問題に気づきやすいです。


留学期間と今、何週間目か教えてください
バギオも含めると、バギオが1ヶ月でここが4ヶ月半です。21週目になり、来週でおわりになります。やっとちょっと話せるようになってきたかなという感じです。


留学する前と今とで何か自分の英語力に違いを感じますか
めっちゃ感じますね。リスニングがまずわからないです。先生は授業が全部英語じゃないですか。まず、最初に学校でテストがあります。でも、俺は英語は話せないし、聞けないし何もないですよ、という状態です。いきなり説明されても、ぜんぜんわかりません。

まだ単語は勉強すれば、意味が理解できます。でも、リスニングは聞き取れないと、たとえ知っている単語が出てきてもわからないです。その点、リスニングには最初苦労しました。でも、今フィリピン留学も5ヶ月目になり、大分、リスニングができるようになりました。一番、リスニングが伸びています。


フィリピン留学をして2ヶ月目、3ヶ月目、4ヶ月目、5ヶ月目のそれぞれの月で英語の力に変化のようなものを感じますか
リスニングは毎月伸びています。次はボキャブラリーです。最初の1ヶ月目、ボキャブラリーはぜんぜんわかりません。でも2ヶ月目になり少しその単語知っている、3ヶ月目、その単語この前やった、知ってる、そして4ヶ月目、先生の言っていることがわかる、俺、先生の言っていることがわかっているな、そして5ヶ月目、さらにもっと単語量が増えてきてだいたいわかるんですよ。80%理解できると先生が何を言っているのかだいたいわかります。

今が5ヶ月目にはいって、先生の言っていることがわかってきて、聞き返すことがなくなり、すぐに相手の話していることに対して、こちらもすぐにリスポンスすることができるようになっています。

ボキャブラリーが増えているから意味がわかる、そしてそれを日本語に変換して、こういう意味だと理解できるようになりました。

一般的に英単語2000語を理解できれば99%理解できると言われています。誰か先生が言っていました。本当にその通りで、だいたい英語で話していることがわかってきました。

スピーキングはボキャブラリーやリスニングに比べて伸びづらいです。たとえば文法でこうやればいいというは理解できても、実際に話すときはいろいろ考えてしまいます。でも、最初に比べるとずいぶんよくなりました。


CIPの食事について教えてください。もしよければバギオの語学学校の食事についても教えてください
バギオの時はBECIに行っていました。みんながベシ、ベシ、ベシと呼んでいる学校です。インターネットで検索すると上位にでてきますね。大きい語学学校だし、日本人でフィリピン留学を考えている人だと知っている人も多いから、それなりに検索したら上位に表示されているのかなと思って行ってみました。

BECIの食事についての感想は、
語学学校の短所・欠点についての口コミ
をご覧ください。

最初、CIPに来たときは感動しました。今となっては、その食事にもなれましたけど、満足度で言えば最初は100%、今は70%ぐらいで満足しています。

BECIは韓国資本の学校なので、韓国料理が多いです。でも、日本人も多くて日本人4割、韓国人6割ぐらいだと思います。私が行ったときは、ちょうど日本で言う春休みなので日本人大学生が多くて、日本人と韓国人が半分半分ぐらいでした。下手したら日本人のほうが多かったかもしれません。ただ、料理自体は韓国人向けでした。


寮の施設や学校の設備等に対する満足度を教えてください。これもまたバギオのBECIと比べながら話して頂けたらと思います
バギオのときは、シャワーが水でした。ヒーターもあるんですけど、うまく動作しませんでした。本当にちょろちょろと少しずつだせば、温かいお湯はでてきます。特別に1月2月はバギオは寒いです。ふつうに朝とか夜、息を吐いたら白い息が出てくるくらい寒いです。なのに、水シャワーでした。それもあって、私は語学学校を変えました。彼女も体調を崩しちゃって。バギオめちゃくちゃ寒いのに、ヒーターは動いているけど、水かよ。クレームも言ったんですけど、他の部屋も対して変わらないんですよね。完全に勢い良く水をだして、温かい水がでるということはないですね。どこもフル回転でヒーターを動かしても、お湯はでないですね。
※2012年の情報です。最新の情報は直接BECIにお尋ねください。

CIPの場合、まず部屋がきれいです。あと、シャワーが普通に動きます。あと、掃除がCIPは入るじゃないですか。でも、CIPは掃除がなくて。CIPのように1週間に1回掃除しますとか、そういうのがなくて俺がでるまでBECIでは一度も掃除がなかったです。たぶん、2ヶ月、3ヶ月いても掃除はないです。あと、アテ(清掃や料理を作ってくれるようなスタッフ)の人数も少なかったです。CIPに比べて。

ランドリーサービスはあるんですけど、CIPのほうが戻ってくるのが早いです。
※こちらもBECIに直接に聞いてください。ただ、BECIは非常に料金が格安です。その留学費用が安いということも考慮に入れてのクオリティだと判断して頂ければと思います。留学費用の安さをとるか。クオリティを大切にするか、それは留学を検討している人、一人一人により変わってくると思います。


クラークの治安について実際体験したこと、聞いたことなどを教えてください
バギオはクラークよりも安全だと思います。クラークももちろん治安はいいんですけど、バリバゴなど繁華街があるじゃないですか。バリバゴには水着バーがあります。そしてカジノもあります。クラブもいっぱいあります。

去年、殺人事件があったみたいで。銃で外国人が撃たれて、一発で死んだそうです。日本人ではないみたいですけど、韓国人かな。そういうはなしを聞いていると、まだバギオのほうが治安がいいのかなと思います。でも、バギオでも先生がスリにあったという話もきいているので、俺はバギオのほうが治安がいいかなと思うけど、それほど変わらないのかなとも思います。

普通に生活をしていたら、もちろん安全です。夜、フラフラしたりバリバゴに何度も行っていなければ、普通に安全です。寮ではご飯もでるので、そんなに出歩く必要もないと思います。


語学学校の先生についてお聞きします
・教えることに対して先生から熱意を感じますか。
正直、先生によります。最初、CIPにきて1ヶ月目で先生を一人変えました。男の年齢の高い方です。授業中、ちょっと携帯をみたりとか、俺が問題をといている時にインターネットを見たりとかありました。実際に、いたんですよ。その先生に対しては熱意を感じないですけど、他の先生に関してはBECIよりもCIPの先生のほうが熱意を感じました。特に最初の2ヶ月は感じました。
※個人的な感想です。

「もしわからなかったら、言ってね」とか「何かあったら聞きなさい」とかちゃんと先生は言ってくれるじゃないですか。そういうこと言ってくれる時点で、こっちとしては満足というか、安心するというか、ちゃんと生徒に対する英語を教えようという熱意を感じます。BECIももちろん教える熱意を感じます。でも、CIPのほうがもっと教える熱意を感じました。BECIの英語の先生に比べてちゃんと教育を受けてきているなと感じました。ティーチャーのレベルも少し高いと思います。
※個人的な感想です。このあと授業の満足度について訪ねたときはCIPもBECIのマンツーマンについてはとても満足しているという回答をもらいました。

・授業に対して不満や改善してほしいところはありますか。
1つだけ言うと、先生については不満がありません。文句を言うならオフィスです。CIPのときもBECIのときも先生の管理がぜんぜんなっていないんですね。ずさんなところがあって、たとえばBECIのときは先生が当日休みになったとします。まず、部屋にいって先生が休みであることを知ります。そのあと、オフィスに自分で行って、先生が休みだから代理の先生を用意してくれと自分で言いにいかなければいけません。でも、そうじゃなくて先生が休みだと分かっているんだから、用意しておいてよね。それが普通だよ、と僕は思います。

CIPのオフィスももっともっときっちりできると思います。韓国人経営は日本人以上にお金にうるさいです。お金のことを一番に考えます。ティーチャーに対するケアをもっとして欲しい。俺の不満というよりは先生の不満だと思います。学校に長くいると先生の不満なんかも聴いたりします。クーラーがぜんぜん効いていなくて、暑くて授業に集中できないと先生が言っていました。他の先生からも同じようなことを聞いたことがあります。このような問題があったときにオフィス側はすぐに対応しません。先生が授業に集中できないということは授業の質が落ちることと同じことです。でも、オフィス側はまったく対応しません。

この前バーベキューパーティがありました。そういうイベントは半年に1度とかです。俺はああいうイベントをもっとたくさんするべきだと思います。オフィス側からティーチャー側に対するリターンが少ないです。ただ、給料を払って終わりです。ティーチャーのモチベーションをあげるような仕組みを作らないと、ティーチャーはどんどんやめていきます。ティーチャーがやめると、また新しい先生が入ってきます。でも、先生がコロコロ変われば、生徒も不安を感じます。先生のケアをもっとすれば、先生も長く勤めてくれます。それが結果的に生徒に対してのサービス向上になると思います。
※私も長く勤めても給料が変わらない、1年間休まずに仕事をしても、ちょくちょく学校を休む先生と何ら待遇が変わらないということに不満を言っている先生がいました。あと、CIPでは2週間に1度、金曜日に先生も無料でカフェテリアの食事を食べることができます。また、長期間働いている先生はカフェテリアの食事を食べることができます。その点は他の語学学校よりもオフィスは英語の先生に対してケアをしていると思います。


学校の良い点・悪い点を教えてください。
悪い点から。CIPはアンヘレスという場所にあるじゃないですか。そして日本語でアンヘレスを検索すると出てくる検索結果がバリバゴになります。だから、みんなCIPに行くと遊びにいっちゃうじゃないですか、バリバゴに。みんなアンヘレスと知らないでくるんですよ。みんなクラークだと思ってくるんで。実は私もそうで。クラークじゃないんですよ。CIPはアンヘレスにあるんですよ。なんだ、クラークじゃねーじゃんとなります。

やはり場所的な問題でクラブがある、ビキニバーがある。それこそ女の子を1500ペソで買えちゃう、飲み屋も他の町にいっぱいある。場所的なことで言うと、勉強するという環境で考えれば、CIPの場所は悪いと思います。毎日、勉強、勉強とやっていると、みんなどこかで発散したいですよ。アンヘレスだったら、バリバゴとなっちゃいます。場所的な面が悪い点です。

あとは俺に言わせれば、オフィスが悪いです。オフィスにもっと管理して欲しい。これは韓国の資本だからかなとも思います。もし、日本の資本の語学学校だったら、もっとちゃんとマネージメントしてくれてるかもしれないけど。悪い点というか、もっとうまくできると思います。

良い点は、フィリピーノのカルチャーです。これはCIPだけに限ったことじゃないかもしれないけど、すごくフレンドリーですよね。話しやすいです。日本人は自分から心を開きづらい国民です。それに対してフィリピーノはいい意味でその壁をぶち破ってくれます。私は○○でこういう人という感じでガンガンくるじゃないですか。そしたら、自分も同じように俺は○○でこういう人と自分から積極的に行くことができます。フィリピーノとはすごくコミュニケーションがとりやすいです。向こうから心を開いてくるので、こちらも心をひらきやすいです。これがナーナーにならなければ、すごくいいです。友だちとして考えると、フィリピン人はすごく楽しいと思います。すいません、CIPのいい点というかフィリピン留学のいい点になってしまいました。


フィリピン、もしくはクラークにきて良かったなと思うこと、悪かったなと思うことがありましたら教えてください
良かったのは物価が安いことです。フィリピンに来る前、もちろんフィリピンの物価が安いというのは知っていたんですが、ここまで安いとは思っていませんでした。みんな物価が安いと言っていると思うんですけど、絶対いいですよね、フィリピンは。

例えば、生活用品買うにしても、本を買うにしても何を買ううにしても安いですよね。クオリティはさておき。そこは悪い点でもあるんですよ。安いからクオリティはよくない。でも、最低限のクオリティはあります。安いからこのクオリティ、でもそれでいいと思います。

ビールとかタバコのクオリティはどうですか
ビールはめっちゃいいです。タバコは変わらないです。ビールはクオリティは高いですね。でも、ビール1本が50円、60円ですよ。コンビニで買ったら40円ぐらいで買えます。タバコもいいです。俺はタバコは吸わないんですが、友達が言うにはクオリティは変わらないです。あと、フィリピンではタバコを1個書いできます。

たとえば、珈琲の粉であれば、コーヒーの粉が10個つながって、10個で50ペソなら、1個5ペソで買えます。日本人ならまとめ買いのほうが安くなるのでまとめて買いますが、こっちではたくさん買うことが安くなるわけではありません。1個5ペソで変えるものは日本だったらまとめ買いをすると、45ペソとか40ペソとか割引価格で買えます。でも、フィリピンだったら10個まとめ買いをしても50ペソと割引がないんです。必要な分だけ買える、それがフィリピンの魅力です。

悪いところは・・・1つだけありました。フィリピンにきて、最初に日本語をあまり喋りたくないと思うんですよ。フィリピンには英語を勉強にしにきているわけですから。でも、日本人がいっぱいいるとどうしても日本語を使ってしまいます。日本語をあまり話さないようにしようと思っているんですけど、実際、話してしまいますよね。やっぱり日本語は楽なんですよ、コミュニケーションをとるのが。普段を英語を話していてストレスがたまってくると、そこで日本語を話すとやっぱりストレスを発散できるじゃないですけど、ちょっと英語がわからないもどかしさがなくて、ササッと話せる。これが悪い点です。

みんな海外に行くと日本語を話したくなるんですよ。海外で日本人がいると日本語で話してしまう。でも、英語の勉強という点で考えると絶対にダメなんですよ。ずっと英語英語って、ちゃんと意識をするとちゃんと伸びて一番いいと思います。英語を話しているから、休みぐらいは日本語を話したい、そう思っちゃうんですよ。それがダメなんですよ。フィリピンにきてダメな点と言うか、海外に行くと抑えられない、日本人がいると日本語で話してしまう。そこがよくない点ですね。


またフィリピン留学に行きたいと思いますか。またその理由を教えてください
オブコースです。4ヶ月、5ヶ月いて今まで話してきたように実際に英語の力が伸びてきているので。自分の彼女はもともと英語がしゃべれます。そんな英語をしゃべることができる人でも伸びています。やっぱりフィリピン留学は効果があります。まだまだ英語力は伸びます。

私はCIPを卒業したあと、アジアに4ヶ月旅行にでます。さらにそこからワーキングビザを使ってオーストラリアにいます。ワーホリが終わったあと、お金をためてまたフィリピンに戻ってきたいと思います。

またフィリピン留学にくるとしたらCIPですか
CIPでもいいんですけど、フィリピン留学をするならアンヘレス、クラークがいいですね。クラークは国際空港があるので便利です。


フィリピン留学を実りあるものにするために留学前・留学中何か心がけることはありますか
留学前は何の準備もしていませんでした。フィリピンにいけば、英語が伸びると考えていました。毎日英語の勉強をするなら、そりゃ誰でも伸びるでしょ。そんな感覚できたんですが、ぜんぜんダメです。絶対、日本で英語の勉強をしてきたほうがいいです。スピーキングはできないにしても、リスニングだけはやってきたほうがいいです。何言っているか理解できる、そこまでのレベルになるのに10万円とかお金を使うのはもったいないですよね。日本でもリスニングの勉強はできるわけですから。リスニングだけでも、あとボキャブラリーもやってきたほうがいいです。


ボキャブラリーだと単語帳を使って勉強する等できますが、リスニングはどうやって勉強すればいいのですか
たとえば、スピードラーニングとか、あと他にもいろんな教材があると思います。日本語で言ったあとに英語で言って、そのあと日本語でまた言ってみたいな。それを数十回ぐらい聞いて覚えないと。何度も聞いていると、言っていることが少しずつわかります。聞く・・・英語に慣れるというところまではやってきたほうがいいと思います。最初の1ヶ月ぐらいは、リスニングの勉強をしていないと、先生が何を言っているのかわからず、なんとなく時間が過ぎていきます。もったいないですよね。単語とリスニングができれば、何をいっているかわかります。伝えることに関しては、ここにきてしっかりと勉強すればいいと思います。

そして今、留学中に心がけていることは、グラマーを気にしながら話すようにしています。


留学を経験して一番心に残っていることを教えてください
5ヶ月半か・・・そうですね。半年をフィリピンで過ごしていたのでいろいろな経験をしてきました。3月末くらいにCIPに26歳から30歳ぐらいのイケイケな兄ちゃん達がいっぱい集まったときがあります。一番、熱いメンバーがいました。一度、仕事をやめて、フィリピンに留学にきましたという人がたまたま7人8人CIPに集まりました。

彼らと話すのがすごく楽しくて。俺が26歳で一番最年少でした。4歳、5歳上の人の話ってすごい俺にとって勉強になります。年上っていうのもあるし、自分よりもいろいろなことを経験しているので。いろいろなはなしをするのがスゲー楽しくて。みんなが一緒にいたのは1ヶ月くらいしかなかったけど、めちゃ熱いメンバーでした。

その人たちに会えたことが、今聞かれてパッと頭に浮かびました。彼らと過ごした時間は楽しかったですね。単純に楽しかった、勉強にはなっていなかったかもしれないけど。冗談言い合ったりしてすごく楽しかったです。通称、ゴールデンエイジと呼ばれています。彼らと一緒に遊びに行くのもはなしを聞くのも面白かったです。


最後に留学を検討している人に激励やアドバイスをお願いします。
絶対にまずは日本で英語の勉強をしてから来たほうがいいです。もし英語の勉強をしないで言って、後悔することは間違いないです。日本で英語の勉強をしてきたほうが、より速く英語がのびます。何も英語の勉強をせずにくると、最初の1ヶ月はそれはなんですか、それはなんですか、で英語の勉強が終わってしまいます。もったいないですよね。もっと自分の話す時間を伸ばすにはリスニング能力とボキャブラリーが必要ですよね。そこはやっぱり日本でしてきたほうがいいです。

なので日本で1ヶ月・・・1ヶ月は短いかな、3ヶ月とか半年とか、人によっては英会話を勉強してから来ましたという人も多いです。英語のベースがちょっとあれば、絶対に伸びるのが早いです。フィリピンにきてから、英語のベースを作るのはもったいないです。

毎日1時間、音楽を聞いてたのであれば、比留学を決めた日から音楽を聞くのを我慢してスピードラーニングを聞くとか、リスニングとボキャブラリーの勉強をしてください。時間があるときにペラペラと単語帳をめくるだけでもいいんです。真剣に覚えなくてもいい。絶対にその単語帳で勉強したボキャブラリーはフィリピン留学にきたときに使います。日本で絶対に勉強をしてください。そしてフィリピン留学にきたときは思いっきり楽しんでください。勉強もそうですけど、ストレスも発散しないと英語のモチベーションもあがらないんで。安くで遊べるし、女の子もかわいいし。オンオフの切り替えが大事です。ずっとオンでもいけないし。

サブコンテンツ

このページの先頭へ