地元の人しか知らないマクタン島のビーチで遊ぶ

休日、気分転換でバスケットをしようと思いタクシーで出かけました。

バスケットコートに行くと、残念ながら大人の人たちが使っていました。大人の人はお金をかけてマジでバスケットボールの試合をしています。私は学生の時にバスケ部ではなかったので、バスケットボールも遊びでする程度しかできません。

小学生や中学生くらいの男の子とバスケットボールをしようと思っていたので困っていると、近所の人が
「これからビーチにいくんだけど、いっしょにこない?」
と誘ってくれました。

ビーチには自家用車でいきます。家族親戚一同10名以上でいきました。車の後ろに乗っていきます。車の後ろに乗るのは初めてなのでかなり緊張しました。
フィリピンの軽トラック


ビーチには地元の人しかいません。外国人は本当に私一人しかいなそうです。今日は休日ということもあって、地元のフィリピン人がたくさんいました。
地元の人が愛用するビーチ


海はなかなかきれいです。ただ、フィリピンは天気の移り変わりがはげしくて、突然雨が降ってきます。私がいったときも2回、狐の嫁入りみたいな突発的な雨が降ってきました。

もともと今日はバスケットをしようと思っていたので水着もサンダルももっていません。海で泳ぐことができなかったのは残念です。ただ、ビーチに連れて行ってくれた家族の一人がサンダルを借してくれました。本当に田舎に住むフィリピンの人は親切です。
マクタン島のビーチ


地元のビーチでは、カラオケを歌っている人がいたり、ダンスミュージックをかえて踊っている人たちがいたり、それぞれのスタイルで楽しそうに遊んでいます。日本では浜辺でカラオケや踊っている人は見かけないので、日本人の私からしたら面白いです。

ダンスを踊っている人たちを見てたら、いっしょに踊らない?と誘われたので踊りました!楽しかったです。フィリピン人はダンスと歌が大好きです。歌が得意な人、ダンスが得意な人は恥ずかしがらず積極的に地元の人と関わると楽しいですよ。

海でみつけたクラゲ、刺されないように注意してください。
フィリピンのクラゲ


日本では珍しいですが、フィリピンの海ではあちこちにうにがいます。シーアーチンという新しい単語を覚えました。椅子に座ってするだけが英語の勉強ではありません。いろいろなところに出かけながら新しい単語やフレーズを覚えるのも楽しいし勉強になります。
フィリピンではウニがたくさん


ウニを拾っているグループがいたので、ついていきました。物珍しいにしている日本人にウニを一つ恵んでもらいました。もともとウニがすきではないのですが、新鮮なウニを食べることができよかったです。
たくさんのウニ


南国の気分を味わうためか、このウニを集めていたグループはヒトデを飾っていました。もちろん、100きんで買った置物ではありません。全部生きています。
生きているヒトデでオブジェを作る

サブコンテンツ

このページの先頭へ