日本人なら誰もがしてしまいそうなフィリピンのATMでの失敗談

私はフィリピンで銀行口座を作りました。銀行口座を作ると、必要なときにATMからお金を引き下ろすことができ、とても便利です。それに長期滞在するので、日本の銀行からフィリピンの銀行にお金を送金しなければいけません。

さて、今日は日本人でフィリピンに銀行口座を作った時に誰もがしてしまいそうな失敗について書きたいと思います。

ちょうど、お金がなくなったのでATMで国際キャッシュカードを使い、10000ペソを引き出しました。1回、国際キャッシュカードを使ってお金を引き出すと、手数料として200円?200ペソ?かかるので、多めに引き出しています。

ただ、たくさんのお金を財布にいれて持ち歩くのは危険です。なので、すぐに銀行にお金を預けることにしました。depositのボタンを押して、お金を入れます。でてきたレシートをチェックしました。さらにダブルチェックということで、現在の口座残高を確認しています。

あれ?・・・口座残高に違いがありません。日本ならすぐに口座残高に反映されるけど、ここはフィリピン、口座残高が反映されるのに時間がかかるのだろうと思い、しばらくしてからもういちど、口座残高を確認しました。5000ペソを預けたのに、やっぱり変化はありません。これはおかしいと思い、もういちど、お金を預けることにしました。

最初にdepositのボタンを押して、その次にsavingを選び、預けるお金の額を指定します。このとき、あえて20ペソを預ける設定にして、100ペソをATMに入れました。さてどうなるやら・・・

なんとでてきたレシートは20ペソ入れたということになっていました!?このATMは入れたお金を全く識別していないようです。しかし、遅い時間に銀行に行ったので、銀行はしまっています。次の日の朝一番に銀行にいき、この問題について銀行の人にはなしをしました。どうも、銀行内のATMは自動的にお金をカウントするようですが、外のATMはおかねを自動的にカウントして口座に反映するわけではなく、封筒におかねをいれて、銀行口座と名前を封筒に書くとのことです。確かにenvelopとか書いてありましたが、無視しておかねを入れた記憶が蘇ってきました。

ATM一つにとっても日本とフィリピンではずいぶんと違います。ちなみにお金は無事、戻ってきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ