アテネオ大学にある体育館でバドミントンをした

C21では毎週、金曜日にいろいろなアクティビティがあります。今日はアテネオ大学で韓国人スタッフ、韓国人学生、日本人のインターンシップ生、そして先生と一緒にバドミントンをしました。

こちら入口です。



ここは一般の人でも体育館を借りることができます。バドミントンのコートが1つ1時間で350ペソだったと思います(自信ないです)バスケットコートも借りることができます。

バスケットの練習をする大学生たち



こちらバドミントンのコートです。渋滞がひどいということで当初より参加者は少なく全員で10人です。参加者の割合で言うと、英語の先生の参加人数が一番多かったです。日本人の学生は私だけで、あとはインターンシップの日本人学生と韓国人学生も一人か二人と参加率は悪いです。たぶん、みんな金曜日は自由に羽を伸ばしたいのかもしれません。

ですが、先生はたくさん参加しているので、積極的に英語を話せば、先生とも仲良くなれるし英語の練習にもなると思います。バドミンと自体を楽しむのが一番大切ですが。

みなさん、バドミントンをたのしんでいます。本格的にバドミントンをしている感じの先生が一人いて、その人はすごくうまかったです。あとはみなさん、数回やったことがあるという程度の素人の方ばかりで、初めての方でも十分に楽しめると思います。



バドミントンが終わったあとは、ここで語学学校が提供してくれている無料のアクティビティは終了です。ですが、男の英語の先生から「このあとバスケットボールをしない?」と誘われました。フィリピン人はめちゃくちゃバスケットボールがうまいので、抵抗はありましたがせっかく誘っていただいたので「ヘタでもいいか?」と確認してオッケーという答えだったので、一緒に参加しました。

メンバーはC21で働いている英語の先生、ドライバーさん、それに彼らの友達、そしてここから日本人学生2にんが合流しました。また、韓国人のスタッフの方も同行していました。

やはりフィリピン人はバスケットがめちゃくちゃうまいです。韓国人と日本人は彼らと比べるとやはり下手です。日本人留学生2人の方は上手でしたが、それでもフィリピン人はうますぎるので、活躍の場はなかなかなく、私たち韓国人、日本人はチームメイトのフィリピン人に頼りながらバスケットボールをしていました。



語学留学中は運動をする機会がないので、このようにバスケットボールをしたり、バドミントンをしたりすると運動不足解消にいいです。またストレス発散にもスポーツはいいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ